ホーム  > 商品紹介

商品紹介

救急救命士国家試験対策正文集 2011年版

価格 2,940円(税込) 数量 

2010年には第33回救急救命士国家試験が実施され、年1回の国家試験になってからは4回目でした。 救急救命士による気管挿管や薬剤投与も定着し、救命率の向上に寄与しています。救急救命士の教育現場でも、薬剤投与を含む教育カリキュラム、国家試験出題基準、必修問題などに馴染んできています。 救急救命士の国家試験は、救急現場から医療機関へ到達するまでの現場活動、傷病者の病状把握と救急処置、救急医療に関連する保健医療制度などの膨大な情報の中から出題されますが、この膨大な情報の中で闇雲に勉強していては実力を発揮する前に敗れてしまします。膨大な情報の中から何が大切であるかを見極める力が合格へつながります。 今回の国家試験では、5つの選択肢から組み合わせなしで1つの選択肢を選ぶAタイプの問題が全体の62%、同様に2つの選択肢を選ぶ×2タイプの問題が全体の38%出題され、選択肢の組み合わせで回答するKタイプの問題が出題されませんでした。×2タイプの問題やAタイプだけで出題される必修問題で確実に得点するためには、基本的な知識を正確に理解することが大切です。また、出題分野では疾病救急医学が全体の25%を占め、次いで救急症候・病態生理、救急医学概論の出題が多く、これらの3分野で全体の約70%になります。 敵を知り己を高め守りを固めるべく、過去の国家試験問題を分析し、「正しい」内容の選択肢に使われた項目や文言を重要事項ごとに整理した本書は、出題頻度を念頭に基本的知識の理解と整理に大いに役立ちます。 2005年版で制作を開始して以来、6回目の改訂になる今回は、一部の状況設定問題の選択肢をも取り込み、正文の厚みを増しました。これにより膨大な情報の中から救急救命士国家試験合格に必要な最小限の最新情報がいっそう明確になっています。 救急救命士として一生涯にわたり活躍するためのスタートが救急救命士国家試験の合格です。本書を活用して夢を実現する栄光のスタートをつかんでください。 2010年灼熱のなかで 徳永尊彦

書籍を探す

商品を探す

セミナーのご依頼

お問い合わせ

tel:03-3276-1110

お問合わせ

関連サイト

メディック インフォ

メディック インフォ


トップページ

Copyright © 2011 JAPANESE PARAMEDIC ASSOCIATION PUBLISHING COMPANY, Ltd.. All Right Reserved.