ホーム  > 商品紹介

商品紹介

救急現場のバイオメカニクス

価格 1,995円(税込) 数量 

腰痛は、「日本人の8割以上が一生涯において経験している」としている報告もあるほど、身近で日常的な症状といえます。 さらに、救急隊員や救急救助隊員などが活動する救急・救出現場では、狭い住宅内や高層階からの傷病者搬出や矮小スペースからの救出などが圧倒的に多く、傷病者に負担をかけずに迅速な搬送を行うために、無理な姿勢をとらざるを得ない場合がほとんどです。このような職域条件で、腰痛に悩んでいる隊員は少なくありません。これまで、看護や介護の分野では、自信の身体を守るための動作や姿勢について研究され、教本も数多く出版されていますが、救急現場という特殊な状況下についての研究はほとんど行われてきませんでした。それは、傷病者優先が大前提で、救助者自身の身体への配慮については、自助努力に委ねられていたのが現実で、系統立てて考えられていなかったためと思われます。 しかし、傷病者優先は変わらなくとも、建築様式など社会状況の変化や、救急事故件数の増大に対応するため、組織における限られた重要な財産である職員の個々の体調管理を含めた疾病予防対策も、現在では、重要な業務の一つとしてクローズアップされてきています。 さまざまな救出・搬送事例で、状況が異なることや各組織によっていろいろな搬送資器材が用いられている点など、統一したマニュアルを作成することは難しいですが、本書では、著者の経験に基づき、一般的な動作を取り上げ、腰痛を予防するための動作、バイオメカニクスによる動作の考え方を紹介します。 また、これまでの腰痛対策の知見から、バイオメカニクスからみた適切な搬送動作を確保するには、その基礎となる身体をつくることも重要と考えます。そこでそのためのストレッチ体操や筋力トレーニングについても本書では、解説しています。 救急・救助現場で活躍する皆さんが、腰痛に悩まされることなく、傷病者と救助者自身にやさしい救急・救助業務を、適切に継続して行うための一助となれば幸いです。(略)2010年9月 張替喜世一、土井龍雄

書籍を探す

商品を探す

セミナーのご依頼

お問い合わせ

tel:03-3276-1110

お問合わせ

関連サイト

メディック インフォ

メディック インフォ


トップページ

Copyright © 2011 JAPANESE PARAMEDIC ASSOCIATION PUBLISHING COMPANY, Ltd.. All Right Reserved.